« がちゃお|細菌性髄膜炎|家族|63歳発症|2005年のおたより | トップページ | あさけん|単純ヘルペス脳炎|家族|38歳発症|2008-11年のおたより »

NA|細菌性髄膜炎|家族|65歳発症|2007年のおたより

管理人に連絡     NA      2007/03/18

父が細菌性髄膜炎で緊急入院し、1ヵ月半生死をさまよいました。何度も最終通告された後、転機は、祖母のショック死と病院で承諾書を書いて投与してもらった最後の手(何かの骨髄系薬だったようです)。劇的に回復し、現在は幸い特養へ入所。
母の毎日の「介護」訪問も、遠方にいる私としては非常に心配。1、2ヵ月前には、漢字を読んだり、自分の身長を答えたり、会話らしい会話をしていたようだが、ムラがあるとはいえ、最近あまり反応しない・・・記憶があまりない・・・らしく、母も前向きさを失いそうだそうだ。今後の何か前向きな対処等はないのでしょうか?

 
 
御礼
     NA      2007/03/25


この度の励ましと、アドバイス、誠にありがとうございます。

父は、一般急性期病院→(病状安定)→療養型病院→(強制移転)→老健入所→(ある人に依頼して)特養入所が叶い、現在に至っていますが、看護を遠方にいる母に任せっきりというのは、非常に辛いです。

内心は、転勤を強く希望し、実家に戻りたいのですが、現在はこれも叶わず・・・。 月に1回程度、顔を出すことで、あと2~3年、母にがんばってもらえないというのが本音です。

しかし、父も比較的良い時期があったのですが、最近、元気がないと聞くと、これを受けて期待が薄れていく母の様子が辛いんです。一時期は、父が元気なときに夫婦で一緒に行っていた大好きなゴルフに行く夢を持っていたようですが、これが叶わないようだと思うようになり、母の気力もどこまで続くか、2~3年なんてもつわけがないと私も思うようになってしまった。

母を温泉にでも連れて行こうかとも思いますが、毎日、父のところへ通っている現状で、行かない日があると、父が落ち込むのが心配です。
長丁場であるので、割り切った方が良いのでしょうかね。
なかなか難しいところです。
今後ともいろいろと相談に乗ってください。 では失礼します。


Re:御礼
     NA      2007/03/30


お世話になります。
ご紹介いただいた体験記は、とても参考になります。
(ご家族の体験記を紹介させて頂きましたm(_ _)m←りえ@管理人)
そうですよね。生き続けてもらうことに意義があるとはいえ(1.5ヵ月の危篤当時はそれだけしか考えてませんでしたが)、これを乗り越えたら次の宿題・懸案が残り、その介護段階では、逆に祈るだけではなく、介護する側のそれぞれの役割(母は父へのいたわり、息子としての私は母へのいたわり-離れているものとしては、精神的な支えですかね-)がありますよね。
多少、考え方を切り替えてみますm- -m

« がちゃお|細菌性髄膜炎|家族|63歳発症|2005年のおたより | トップページ | あさけん|単純ヘルペス脳炎|家族|38歳発症|2008-11年のおたより »

抗NMDA受容体脳炎(連載記事)- 毎日新聞

リンク集

検索

無料ブログはココログ