« メグ|単純ヘルペス脳炎|家族|?歳発症|2002年のおたより | トップページ | MA|単純ヘルペス脳炎|家族|30代発症|2001-02年のおたより »

りか|ウイルス性髄膜炎|本人|35歳発症|2004年のおたより

不安ですね    りか    2004/03/31(Wed) 

こんにちは。
いつも相談にのっていただいていますので、対処法ではないと思うので気休めに読んでください。

髄膜炎が治癒し職場に戻ってしばらくたちます。
いろんな疾患の患者さんがいますが、その中でも神経内科の患者さんは鬱になりやすいようです。
その原因は、やはり自分のつらさが医師に通じないということが一番つらいようです。

 
私の知っている方は、「医師にうそをついている」と言われ悩んでいました。
私も 入院中は頭痛や吐き気をどういう風に伝えたらいいのか?その後も 検査値では治癒しているので頭痛などは訴えつらいです。
その患者さんとも 痛みを測る機械があればいいのにねといつも話し合っています。
その患者さんは、私につらさを話すことで少し気持ちが癒されるといっておられました。
神経内科は、メンタルな部分でも難しい分野だと思います。
ドクターにもメンタル面での勉強をしてもらいたいですね。

でも、わかってくれる先生は必ずいると思います。
先生が見つからなくても、みんなが応援していますよ。
ちなみに 以前テレビでしていましたが神経内科の疾患で痛みが後遺症に残るものは多いそうです。
アメリカではそれに対応してくれる医師がいるそうです。
日本でもここ最近そのような医師が、出てきたそうです(少数ですが)
あんまり 参考にならなかったと思いますが、がんばってください。

« メグ|単純ヘルペス脳炎|家族|?歳発症|2002年のおたより | トップページ | MA|単純ヘルペス脳炎|家族|30代発症|2001-02年のおたより »

抗NMDA受容体脳炎(連載記事)- 毎日新聞

リンク集

検索

無料ブログはココログ